WordPress はじめました~prologue

2019年6月18日

 

ばむじーん
ばむじーん
こんにちは。ばむじーんです。

 

今回は、Wordpressについて記事を書こうと思います。

もともとパソコン操作が得意な方には、レベルが低すぎる内容です。

初心者向けの書籍を読んだり、他の方のブログを参考にさせていただいたりして、何とかここまでたどり着くまでの経緯をまとめてみました。

WordPressを始めようと思ったわけ

そもそも、なぜWordpressを始めようと思ったかというと…
ばむじーん
ばむじーん

もともと、パソコンは得意じゃないけど使うのは好きな程度。

まだ、ガラケーしかない時代で、かつパソコンが大きくて重たい、デスクトップパソコンが主流の頃から、ブログを投稿するのは好きでした。

あの頃は、mixiを高校の同級生から招待してもらって始めたことがすごくうれしかった時代。紹介制という特別感がたまらなかったですね。

日々の出来事は、無料ブログサービスも利用して投稿していますが、「そろそろ、自分のオリジナルページを作ってみたいな」と思うようになってきました。


だからといって、Wordpressしかオリジナルホームページは作れないっていうわけじゃないよね・・・。
ばむじーん
ばむじーん

 

私、たいしてできもしないくせに、「人と違うことをしてみたい」とすぐ思ってしまう人。

だから、世の中当たり前のように、「ブログやホームページ作成といえばWordpress」みたいな流れになっているのが気に入らず、WixやJimdo、グーペも無料でできる範囲で試してみました。

WordPress以外のサービスも試してみました。

WixもJimdoも、グーペも良かった!
でも・・・。
ばむじーん
ばむじーん

 

Wixを無料で使った時は、instagramと連携させたときのいいね!がそこそこついて、すごくうれしかったですね。海外のおしゃれな雰囲気を、そのまま自分のホームページへ反映して作れたことに満足しました。なぜこう思ったのかは、サイト事例を扱った公式ページを見ればわかると思います。

Wixはおしゃれなテンプレートがたくさんあって、迷うほどでした。しかし、Jimdoは、そこまでテンプレートの種類は多くありませんが、シンプルながらWixよりも自分で作った達成感がありました。こちらもサイト事例の公式ページがあります。それに、「専門的な知識がなくても大丈夫」の言葉に、励まされましたしね。

グーペについては、15日間無料お試しを利用したことがありました。

これはすごかった。

画面の指示通りにとりあえず作成していけば、そう長い時間かからず、自分のホームページのタイトルをGoogle検索すると、上位に名前が出てきて感動しました。

ただ、私、お店を経営しているわけでもないし、販売する物もなかったので、お試し期間で終了してしまいましたが、下手に外注して高いお金を払ってまで、自分のお店のホームページを作成依頼するよりは、グーペの方がシンプルなのに、しっかりお店をアピールできます。

外観がとてもかっこよくて素敵なホームページを持ったから、売れるお店になるというわけではないことが、グーペのお試しを体験してよく分かりました。カフェなどの飲食店のホームページでも、接骨院やリラクゼーションサロンのホームページでも、理屈は同じですから、最低プランの月額料金での利用でも、グーペは価値があると思います。

このように、いろいろ試したのに最終的にWordpressにした理由は、

  • WordPress初心者向けのレンタルサーバーがあることを知ったから。➡Wordpressの公式サイトから手続きするより簡単らしい。➡セットアップすることが目的ではなく、Wordpressを自分でカスタマイズしていくことの方を優先させたいと思ったから。
  • 参考にしたい情報が得やすい。➡Wordpressに関する書籍もたくさんあるし、どなたかが書かれたブログ記事もたくさんあるので、情報が入手しやすい。
  • 上記2点をWixやJimdoでも考えた時、初心者向けのサービスがWordpressより劣るように見えてしまった。➡「もっとこうしたい、あんなことしたい」と思った時に、それに必要な情報やサポートが得にくいと感じたから。

以上3点です。

SEOに強い弱いがどうしたとか、それは初心者の中では二の次で、自分一人でサイトを作り上げていく途中で、わからないことが解決できる方法をどれだけ早く入手できるか

ここを優先的に考えたのが決め手です。

ということで、自分のスタイルに合うレンタルサーバーを、数ある会社から見つけていく作業に入ります・・・・。

後編は、私が選んだレンタルサーバーについて、書きたいと思います。

以上 ばむじーんでした。

ばむじーん
ばむじーん