私は私。
群れることは、必要最低限にとどめています。 雑記ブログです。
使った・食べた・飲んだ

スギ花粉対策は12月から

花粉女子

こんにちは。

ばむじーんです。

スギ花粉アレルギーの症状が重い方は、12月から処方された薬を飲み始めることもあります。

実は私もその1人。

雪が少ない地域に住んでいると、乾燥している上に、年が明けてから春に近い陽気がつづくと、花粉が飛び始めることもあるからです。

私は、雪国生まれです。

でも、結婚して今は雪が少ない地域で暮らしています。

花粉症と診断されてから、2月にはもう目がかゆいだの鼻水が垂れるだのと実家の両親に電話で愚痴ると、

「は?何言ってんの?こちらはスギが雪で埋まってるくらいなのに・・・」

というような感じで、真剣に取り合ってくれません。

私がスギ花粉アレルギーを発症したのが、2005年の3月です。

3月のお彼岸に合わせて、夫の実家へ子供を連れて泊まりに行った帰りのことです。

突然、鼻水とくしゃみと目のかゆみが止まらなくなりました。

アレルギー専門外来に行って、スギ花粉アレルギーと診断されました(6段階のうちレベルが4でした)。薬を出されたのですが、ほぼ効かず、医師には何度も相談して処方箋を変えてもらったりしたのですが、それでもダメ。

ただただ、鼻水を垂らしながら目を真っ赤にし、強い眠気に襲われる日々を数年過ごしました。

ある時、手元に薬がなくて、間に合わせでパブロンを飲んだら、眠くはなるけども鼻水が止まったので、市販薬を上手に使うのもありかなと思いました。

ただ、眠たくなるのはやはり、運転や仕事に支障が出ます。

それでも、鼻水が止まってくれるだけでもこの時期の生活は楽になりますから、かかりつけ医や薬剤師に相談して、クラリチンとパブロンを組みあわせて服用することにしました。

ベースは、クラリチンを1日1錠。毎朝朝食後に服用するというリズムは崩さずに、12月から開始します。

そのあとは、毎日のスケジュールや、花粉の飛散量、その日の体調を見ながら、「一番鼻水が止まっていてほしいと思う時間」を逆算して、パブロンを飲んだり飲まなかったり・・・。

日によっては、パブロンを飲まずにいられる日もありますが、目のかゆみは、パブロンを飲んでも効果が無いので、目薬や洗浄剤を使います。

 

目の洗浄には目薬と同じシリーズの物を使っています。

自己判断ですが、クラリチンはジェネリックを購入する場合もあります。

クラリチンジェネリックはこちらから購入できます

写真下部の箱が、ロリータです。

ロリータという名前ですが、中身はロラタジンです。(クラリチンは商品名)名前が、ちょっとドキッとしてしまいます。

あとは、重宝しているのが、顔周りに花粉が付くのを防ぐスプレーです。

カバンに入れて持ち歩いています。

他社メーカーからも多数販売されていますが、シンプルなデザインが気に入りました。

夜寝る直前に顔に付けて寝ると、空気中に舞っている花粉が顔をよけて落ちるようで、眠りに入るまでの時間が、不快ではなくなりました。

家族の中で、私が一番スギ花粉アレルギーの症状が重いので、私の顔のすぐそばに、小さな空気清浄機も設置して寝ています。お値段も手ごろで小さいので、私の顔周り専用で十分です。

 
 
 

それでは。

以上 

ばむじーんでした。

 

あとは、重宝しているのが、顔周りに花粉が付くのを防ぐスプレーです。

カバンに入れて持ち歩いています。

他社メーカーからも多数販売されていますが、シンプルなデザインが気に入りました。

夜寝る直前に顔に付けて寝ると、空気中に舞っている花粉が顔をよけて落ちるようで、眠りに入るまでの時間が、不快ではなくなりました。

家族の中で、私が一番スギ花粉アレルギーの症状が重いので、私の顔のすぐそばに、小さな空気清浄機も設置して寝ています。お値段も手ごろで小さいので、私の顔周り専用で十分です。

 
 
 

それでは。

以上 

ばむじーんでした。