私は私。
群れることは、必要最低限にとどめています。 雑記ブログです。
お金を稼ぐ

【在宅ワーク】契約前に1つ、確認したいこと。

その契約待った!



こんにちは。
ばむじーんです。

私は、高校卒業してすぐ就職したので、大学も出ていないし普通自動車免許くらいしか堂々とできる資格はありません。

あとは、民間資格をちらほら。

今はパート勤めをやめ、自宅で収入を得ていますが、まだまだ不安定で月数万円の時もあれば0円の時もあります。

在宅ワークのマッチングサイトの大手、クラウドワークスさんには大変お世話になり、大して資格のない私でも、お仕事が見つかりお金をいただくことができました。

が、しかし・・・・・・

これからクラウドワークスに登録してお仕事を探す、特に主婦の方に伝えたいことが1つだけあります。

それは、

「覚悟と責任をもって仕事ができるか」ということです。

自分がいて、相手(会社)があって契約をしてお仕事がスタートするわけですが、

例えば、小さいお子さんがいてもOKという仕事内容の契約をしたとします。

仕事を契約した当初は、結構順調なんですよ。何でも。

それで、仕事内容に慣れてきたころ、「もっと仕事量を増やしてみませんか?」というお話が来る場合があります。

「この調子なら、少し仕事を増やしてもやっていけるんじゃないか?」

と思い、長期契約で了承した途端、子どもの具合が悪くなったり行事で忙しくなったりして、だんだんママさん自身が疲れてきます。

もし、どこかにお勤めされていたら、会社に電話してお休みしますと伝えると誰かが代わりに仕事をしてくれるかもしれませんが、在宅ワークは代わりが利きません。

納期の延長は認められるかもしれませんが、基本的には契約した内容での納品が終わり、最終的なチェックが完了するまでは原則辞めることもできません。

契約した会社や事業主がOKを出さない限り、何度でもやり直しさせられるし、お金も支払われません。

ここが、在宅ワークで特に長期契約をした場合のデメリットかなと思います。

私の出来が悪いから仕方ないのですが、何度納品してもやり直しやり直し。

仕事内容は、契約上お話ししてはいけませんのでこちらに記載はできませんが、特に記事を書く仕事は、相手の納得いく文章ができあがらない以上は何カ月でもやり直しになります。

この間は収入はありません。ただチェックOKの返事を待つのみです。

最近は、「脱、社畜生活」「脱、雇われ」みたいな言葉もよく出てきますが、こうして在宅ワークをはじめてみると、会社に雇用されて守られていた部分はたくさんあって、ありがたかったなとつくづく思います。

子どもが大きくなるのはあっという間で、手がかかる時期は数年くらいなら自分の手でしっかり育てたいと思うママさんも多いと思います。

その一方で、やはり経済的な余裕が欲しいとなれば、子どもが寝ている間や幼稚園に行っている数時間にできる仕事を探したくなるし、在宅ワークが軌道に乗ればそこそこのお小遣い稼ぎはできると思います。

さらに収入の安定性を求めたくて長期契約をしがちですが、その分、仕事の責任は重くなります。

仕事は仕事、家事は家事と割り切りができない人はどちらかにトラブルが起きた場合、見境が付かなくなって両方ダメになってしまうことにもなりかねません。

子どもの体調不良が長期化すれば、寝る間を惜しんででも仕事をしなければいけなくなるでしょうし、仕事につまづけば子供の面倒は上の空になってしまうこともあるでしょう。

夫婦の時間も仕事のことしか考えられなくなり、家庭不和にもつながってしまいます。

パート勤めをすることになっても在宅ワークの契約が終了しない限りは、ママさんにとってはかなりの負担です。

これは男性にも言えることで、在宅ワークを副業として考えるのであれば本業にも家庭にも迷惑が掛からないような働き方をする必要があります。

契約をする前に、相手にしてみたら「なんでこんなこと聞いてくるんだろう?」と思うような質問でも、恥ずかしがらずにしてみるといいと思います。

契約は、「覚悟と責任を持って対応します」という誓約をするようなもの。

目先の仕事と収入欲しさに、軽く考えて契約したら、痛い目にあうということを、お忘れなきよう・・・・・。

まずは、1回限り短時間で作業が終わる仕事から挑戦してみることをお勧めします。


以上。

ばむじーんでした。