ボイスレコーダー持っていますか? 以外に子育て中に使うことがあります。

☆ばむじーん
☆ばむじーん
こんにちは!
ばむじーんです。

突然、変なタイトルごめんなさい。

スマートフォンの機能を上手に使うのもアリですが、コンパクト性に欠けますよね。

それに、あれこれ機能が多すぎて、途中で着信があったり、うまく録音できなかったり・・・。

あまりにも日常的に使っている物だから、アプリを起動させて、何食わぬ顔で使用できるほど、自然体な態度ができるかどうか、心配になりませんか?

なぜ、こんな記事を書いたかというと、私はこれまで、子どもが絡むトラブルで、

ボイスレコーダーで、会話を無断で録音されていたり、無断で録音したことがあるからです。

無断で録音されていたのが分かったのは、わけのわからないモンスターペアレンツに絡まれて、

「今後、うちの子どもに再度同じようなことを、おたくのお子さんがしてきた場合は、訴えることも考えております。それでいいですね?」

と聞かれ、根も葉もないことまで騒がれたので、返事をしなかったら、

「いいですね?返事をしてください。「はい」と言ってください!」

のような強要があったので、録られていることに気が付きました。

この時、「はい。その時はどうぞそうしてください」と堂々と答えて、その場は終了しましたが、頭にきて、そのまま家電量販店に、ボイスレコーダーを買いに行ったので、今も手元にあります。(この記事の紹介用画像は、実際購入したものです)

「あんたが本気なら、こっちも本気じゃ!」みたいにメラメラとしたまま購入しました😡。

大好きなメタル音楽を大音量でかけながら、車で買いに行きましたね・・・。

その後、この家族とのトラブルは全くないどころか、別な理由で学校に来れなくなり、何年も親子共々顔を合わせたことがありませんので、お会いすることはもうないと思います。

さらに今から2年前も、わけのわからない理由で、学校側と私に怒っている男性が、部外者まで引き連れてくることになり、学校で話し合いをすることになりました。部外者まで出てきたのでは、自分を守るためにも証拠が必要と考え、バッグにボイスレコーダーを入れて、話し合いをしました。

このトラブルは、相手側の怒りのもとはただの妬みからきたもの。妬む気持ちだけで乗り込んできたので、実際はこの男性側に大きな問題があることを、負けずに反論してお帰り頂きました。

さらに、数カ月前。

同じ男性が絡むトラブルが発生したので、

「いいですか?これ以上、トラブルを大きくしないためにも、私はボイスレコーダーで録音させていただきます。」

と、伝えたら、この話はなくなりました(笑)

 

法的に、無断で録音するという行為は、全てがアウトというわけではないようです。

録られたことを訴えるのも、録られたことだけに関して訴えるのは少し難しいみたいです。

 

最近、学校内で起きているトラブルで、悲しい結果となってしまうニュースが大変多いですよね。

「最悪の事態になる前に、なんとかならなかったのか?」と思うことばかり・・・。

様々なケースがあるので、解決方法は1つだけではありませんが、我が子、自分、家族を守るためにできることは、勇気を持たなければできないこともあると思います。

はじめてボイスレコーダーを使った時、録音開始ボタンを押すのにとても勇気がいりました。

録音した内容を、自宅で確認することも、とても怖かったです。

この録音内容は、解決したのでもうデータはありませんが、命にかかわるような重大性が特にない、私の身に起こったトラブルでも、子供や家族を守るための対策をとることは、大げさなことではないと思います。

よその子どもを羨ましがり過ぎて、足を引っ張ろうとする大人の方って、意外に多いんですよ。

特に、個人種目があるスポーツ系の習い事を長くしていると、必ずと言っていいほど1人や2人、厄介な大人に出会います。

「自分は自分、我が子は我が子」という信念のない大人が絡む子どもほど、成績は思うように伸びていきません。

そこに気づかず、足を引っ張ろうとしてくるのであれば、我が子を守るために壁となり盾となるしかありませんから。

 

また、互いに「子どもを守る」という気持ちは同じなので、どちらかの子どもが、実際は、事実と異なることを話しているなんて、疑わずに衝突することもありますよね?

冷静さを保持して話し合いをするためにも、「録音します」という堂々とした態度は必要になります。

 

ボイスレコーダーも、今はコンパクトなデザイン性にも優れた商品がたくさん出ています。安価で機能性に優れているものが本当に多くなりました。

スマートフォンがこれだけ普及している世の中なのに、ボイスレコーダーの種類も豊富にあるということは、それだけ需要があるということですよね?

最近は、小学生にボイスレコーダーを持たせて通学させているご家庭もあるようです。これには驚きました😱。

トラブル防止の利用や、隠して録音するだけがボイスレコーダーではありません。

例えば、保護者が参加する、アスリートキッズ向けの栄養指導講習会や、メンタルトレーニング講座を録音して、家に帰ってじっくり聞き直すことにも利用できますし、学校と習い事の両方に毎日忙しい子どもさんの勉強道具としても活用できると思います。

我が家は、丸暗記して発表しなくてはいけない宿題があった時に、先にボイスレコーダーに吹き込んでおいて、それを習い事の送迎の時間に車で聞きながら移動したことがあります。

スマートフォン1つでできることはたくさんありますが、バッテリーの消耗などを考えると、安価なボイスレコーダーを別に1つ、持っていてもいいのではないでしょうか?



私は、民間資格ですが、心理カウンセリング講座を修了していて、アスリートフードマイスターの資格も持っています。

特にプロフィールに書いていませんが、これらを活かし、ボランティアで子どもたちと関わっています。子どもたちの数だけ親がいるので、大人同士のコミュニケーションもなかなか気を使います・・・😓

今後は、コミュニケーションやメンタルについての記事も書いていこうかなと思います。

以上 ばむじーんでした。
☆ばむじーん
☆ばむじーん