パンテラとリンキンパークを超えて。

2019年6月18日

こんにちは!

ばむじーんです。

 

先ほども、ちょっと面倒な人と電話で話して、切ったところです。

今の私の心は、

リンキンパークの「one step closer」

パンテラの「walk」

の歌詞が混ざったような状態です。

 

相手は、何度も何度も同じこと人に言わせて、小ばかにしたように崇めるふりする、PTAのお偉いさん。

先生や目上の立場の人には、ヨイショだけすればいいと思っている人。

one step closer と、walkは、「そろそろ我慢の限界。何するかわかんねーぞ」という内容ですが、

私は、「言われねーと分かんねー奴なんだな」と判断して、先日我慢の限界を無事に超えまして、意見を言わせてもらいました。

先に、同じように不満に思っている保護者の人へは連絡をして、意見を言った後の行動は、全て役割分担しておきました。

 

「いろいろお忙しいかもしれませんが、私達は、指示をいただけないので、もうどうしていいかわからず我慢の限界です。もうこちらで勝手に作業させていただきますね」

そう言ったら、この方、慌てふためいて、わけのわからないことをし始めました。

それが逆に周囲の保護者を怒らせるはめに・・・。

自分の評価が下がってしまうことに、めちゃくちゃビビり始めていました。

 

PTAの役をいくつも掛け持ちしている人って、他人から良い評価を得たいという気持ちがとても強い人に多くないですか。

(中にはしぶしぶ引き受けた方もいらっしゃるかもしれませんが・・・)

しかも、「PTA本部役員」ってそんなに偉い?

「わたしぃ~本部役員だから~。あと、仕事で忙しいしぃ」

って、口に出して「あら大変ねー」って言ってほしいのかい?

私は、絶対言わねー。

負けねー。

 

さて、これからお出かけしてきます。この方にまた会いに行かなくては。

パンテラのwalkのイントロがかかると、戦闘モードになります。

デッテデレデ デッテデレデ~

 

それでは。また。

 

以上 ばむじーんでした(@^^)/~~~