私は私。
群れることは、必要最低限にとどめています。 雑記ブログです。
使った・食べた・飲んだ

我が家のノラネコ対策

野良猫

こんにちは!

ばむじーんです。

我が家がこの地に建つ前から、夫の両親が野良猫の糞尿に悩んできました。

(※我が家は夫の両親の敷地に家を建てました)

なので、私達夫婦も、家ができて引っ越してきた直後からずっと糞尿に悩まされています。

自宅から歩けばすぐのところに子供たちが通った幼稚園があるのですが、園庭で園児たちが遊んでいて、何か臭うなと思ったら、園児の1人が知らないうちに砂場で猫の糞をつかんで遊んでいたという出来事も1度や2度ではありません。

うちの子も自宅の玄関が臭うなと思ったら、猫の糞を踏んづけて靴につけたまま帰ってきたこともよくありました。

洗うのも嫌になって、靴を捨てたこともありました。

砂場には毎日ビニールシートをかけ、毎朝先生が数時間おきに見回りしていても、その間にどこかに糞がされているという状況が続いていましたから、私達の家ばかりが悩んでいるというわけではありません。

それでも、10年前に比べたら、随分ノラネコの数が減りました。

原因は定かではないですが、ひとつ挙げるとすれば、ノラネコに餌を与えている人が少なくなったことも原因ではないかと思います。

我が家のすぐ近くある数件の家で、ノラネコにえさを与えていることは分かっていました。

近所でも問題になっていて、注意されている家もあったようですが、みんな注意されてやめる家ではないんですよね。

「うちでは餌なんてやってない!」

と言っていても、自宅の2階から見下ろしたら、道路沿いから見えない立派な餌置き場が存在していて、何匹もの猫たちが餌を食べている姿が見えるんですよ。

でも、餌を与えていた大半が高齢者世帯。

年数がたつにつれて、その高齢者の方々が亡くなったり、施設に入所されたりするようになったので、エサがもらえる場所が自然と減ったからではないのかと思います。

とはいえ、全くいなくなったというわけではありません。

自宅に糞尿さえしなければ、うちの庭でひなたぼっこや雨宿りなどしてもらっても構わないのですが、そこはノラネコたちには理解してもらえない。

「このおうちの庭は、トイレにしちゃいけないんだな」

とノラネコに分かってほしくて、10年以上いろいろ対策してきました。

今回は、これまで試してきたことを振り返り、現在に至るまでのことをお伝えしようと思います。

土を残さず、庭全てをコンクリートにすればよかったと思ったこともあったけど・・・

猫は好きです。

猫のYoutubeチャンネルをいくつか登録してい見ています。

でも、ノラネコと飼いネコの境界線は、はっきりさせないといけないと思っています。

厳しいかもしれないけれど、生きている世界が違うから。

猫は、糞尿をしたら飼いネコでもノラネコでも、どんな猫でも砂を掘ってそこに糞尿をして、終わったら砂をかけて隠すようなしぐさをするものだと思っていました。猫ってそういう習性があって当たり前だと思ったから。

だから、予算の都合や義父母とのトラブルがあって、敷地の半分をコンクリートにせず土のまま庭を残したことに、ものすごく後悔していました。

「土や砂のある場所を猫はトイレにする」

そう思い込んで、土や砂の方にばかり気を取られていました。

でも、それは偏見でした。

どこでもトイレにします。

市町村のホームページにノラネコ対策がずらずらと書かれていますが、鼻で笑いました。

試しても効果が無いものばかりだから。

ばら撒くと雑草が良く育つ

  • コーヒーかす
  • 米のとぎ汁
  • 生ニンニク

コーヒーかすと米のとぎ汁は、植物を育てている人が肥料代わりにするときもありますよね。雑草も生えてほしくない上に、どちらも意味なくやられてしまい効果はありません。

コーヒーかすと米のとぎ汁は、雑草だけが喜びます。

生ニンニクを刻んでばら撒くのは、撒いた直後の臭いが近隣の迷惑になるのでおすすめしません。近所の方に臭いと言われたこともありました。

また、撒いた直後は猫が寄り付かないかもしれませんが、臭いがおさまれば無意味です。

都会のノラネコ事情はわかりませんが、田舎のノラネコは強い

  • どくだみの葉を猫は嫌う
  • 枝の多い茂みを作って通れないようにする
  • 大きな石を敷くと猫が嫌がって寄ってこない
  • 大きめな砂利を敷くと猫がトイレにしない
  • 防犯砂利を敷くと、歩くたびに音が鳴るから嫌がる

都会のような、人間の生活臭が多めのコンクリートだらけの環境に住む猫なら、効果があるのかもしれません。

でも、こちら地方のノラネコは、雨風を草むらや枝の多い茂みにできた小さなトンネルのような隙間で凌いでいます。

うちの庭に、どくだみの葉が自生していますがその上をトイレにされました。

大きな石たちを、遊び道具のようにピョンピョン飛び跳ねて通過していきます。

大きめな砂利を手足の筋トレをしているくらい本気で掘って用を足し、本気で隠して去っていきます。家の中から音がするから覗いてみたら、踏ん張ってました💦

ここら辺のノラネコは、多少の音は気にしません。だから、高いお金を出して買った防犯砂利の上に糞を見つけた時の虚しさったら・・・

お金をかけたのに、無意味だった道具たち

防犯砂利の他に、我が家をうろつくノラネコ達には特に無意味だった道具をご紹介します。

これら2つに手を出すほど生活に余裕があるわけではないのですが、手を出すしかないという気持ちにまで追い込まれるくらい、敷地が何か所もトイレになりました。

猫が絶対通る場所に仕掛けて様子を見ることにしました。

でも、ノラネコが通る場所って私達も通るんですよ。

だから、私達が通る度に不快な超音波を浴びる羽目になりました。それだけで電池の消耗が早い。(紹介したガーデンバリアは電池を使わず耐候性屋外コードが使用できます)

ちなみに、余談ですがうちの難聴の末っ子だけは、超音波が聞こえませんでした。難聴だとわかる前の出来事を、今思い出しました。

うちの子は難聴
我が子が難聴だとわかるまで8年かかった理由こんにちは! ばむじーんです。 私の子供のうち1人が、両耳が先天性の混合性難聴です。 両耳の補聴器も持っています(やっ...

 

また、猫の形をした方については、私達の目の前でノラネコが匍匐前進をして反応させずに通過していきました。

そして、数日後。猫の形をした道具の真後ろをトイレにされてしまうのです・・・。

人間を怖がることなく、道具を仕掛けた人間の目の前で対応して逃げていく。

超音波も始めは警戒したけど、反応するのは通過するほんの数秒。

慣れれば堂々と通過していきます。

※これらの商品を全否定するわけではありません。試してみる価値はあると思います。我が家をうろつく猫たちには意味がなかったという例をお伝えしただけです。住宅事情によっても効果は変わると思います。

トイレにならないように、「事前に予測して撒く」のは一番の無駄

液体、粉末、粒状とさまざまな忌避剤が出ていますが、事前に撒くほど無意味な物はないと思っています。

本当に範囲が限られたスペースで、トイレにされては困る場所が限定されているなら別ですが、

「家の敷地を絶対またがせない!」という気合の入れ方をして使用する物ではありません。

忌避という意味が全くない。突然のゲリラ豪雨がくれば一発アウト。

そして、猫が嫌がる臭いと記載されていますが、どこの猫の話?と思うくらいです。

いろいろ試し疲れた末に

ノラネコのたくましさと賢さに「参りました」

View this post on Instagram

DAISOの防草シートをしきつめて、雑草対策と猫の💩対策をしたのですが、 今度は、うちの庭を🚻がわりにしていた猫が、子猫2匹を連れてシートの上でゴロゴロしてしまいました。 シートの上に木酢液もかけていますが、お構いなし。 しかも、爪研ぎまで始めてしまいました。 100均程度のものを敷いて正解でした。 ホームセンターでもう少し良いものを買おうかとも悩みましたが、同じようにバリバリやられてしまうなら、100均で充分。 うちの敷地に💩しなきゃ、いくらでも遊んでもらって構わないのです。 正直、父猫らしき猫も、私の車の下で涼んでいたりするし、子猫を連れてきたのを見ると、お披露目しにきてくれたのかしら?なんて思ってしまう自分もいます。 とりあえず我が家の付近で見かける野良猫は、近所の方が餌を与えているのもわかっているので、餌に困る子たちではないようですが、遊びに来たときの様子くらいは、なんとなく気にかけて部屋から見守ることにしています。 #猫 #ねこ #ねこすたぐらむ #のらねこ #ノラネコ #野良猫 #防草シート #daiso #daiso購入品 #ダイソー #ダイソー購入品 #雑貨研究家見習い #木酢液 #野良猫対策 #苦節12年 #雑草対策 @reemetal_life_work

A post shared by ばむじーん (@reemetal_life_work) on

ちょっと前にInstagramに投稿したものです。

子供が小さい頃は、不衛生な庭で遊ばせたくない気持ちも強かったので、ノラネコの存在自体が憎くてたまりませんでした。

それと同時に、家の中だけで飼われている猫は、きっときちんとしつけされていて、きれいな環境で過ごしているんだろうなという変に飼い猫を美化したような想像をしていました。

でも、家で飼われている猫も、トイレは同じ場所でできても、お尻や手足に糞をつけて家の中を歩いていたりしていることも多いらしくて、それでも家族として受け入れて、処理をして世話をしているということを好きな猫のYoutubeチャンネルを見て知りました。

そして、Instagramに投稿したように、ノラネコが家族を連れて家の庭に遊びに来たというケースは今回初めてで、家族でゴロゴロしている姿を見ると、ただただ憎むという感情は、持っているだけで自分達人間側がパワーの無駄遣いをしているだけなんじゃないかと思うようになりました。

振り返ってみれば、コンクリートや硬い木材の上、人工芝の上にダイレクトに糞をしていった猫は、母猫とはぐれた子猫のノラネコがしていました。

猫が砂を掘って用を足すというのは、本能的な部分が多いかもしれませんが、一方で親猫の様子を見て覚えるということもあるのかなと思い直しました。そう思うと、かれこれ12年、ノラネコ対策をあれやこれやとしてきた中に出会った猫は何匹もいますが、みんなどこに行ってしまったのでしょう??

現在見る猫は全部で5匹。ここ1年前後に出会った猫だけです。

それ以前に出会った猫はどうしたかしらとも思うようになりました。

現在のわがやのノラネコ対策

敷地でノラネコを見かけたら、パターンを見極める

  • スタスタ歩いているだけならスルー

➡ただのお散歩なので、お通りください。気を付けて。

  • クンクンしながらふらふらして歩く

➡これは庭をトイレにされてしまうかもしれない。

「ごめんな、ノラちゃん。うちは遊んでもいいけどトイレはないのよ。なので、我慢して別なところに行っておくれ。」

という気持ちを込めて、気を逆立てて猫に向かって走っていきます。

ゆっくりした動きではなくて、走りこんでいくことで人間慣れした猫も驚いて走り去ります。同じ立場になってみると、便意があるのに追いかけられるなんてつらすぎますが、仕方がありません。

でも、逃がす時は道路に飛び出さないように気を使っています。追いかけて逃がして車と衝突したなんていうことにならないように。

逃がしたら、ふらふらして猫が立ち止まった場所を覚えておいて、そこに木酢液か竹酢液を撒きます。

撒いたばかりはかなり臭いがきついですが、生にんにくの臭いよりはましです。

また、竹酢液や木酢液は、生ゴミが入っている可燃ごみの袋に直接振ってごみ収集場所へ出すと、カラス対策にもなります。

敷地で糞をされてしまった

これまでは、糞を見つけた時は、草むしりをした後のゴミ袋に草と草の間に袋に入れた糞を入れてゴミへ出したりしていました。

袋を何重にもしたところで臭いは解決できないし、家のトイレに流すために持ち込むのも抵抗があり、これが一番のストレスの原因でした。

ここ最近は、猫を見かけたら追いかける→竹酢液をばらまくの繰り返しの効果なのか、随分糞をされることが少なくなりましたが、糞をされた後の臭いが軽減されれば私達も気持ちの面で少し楽になるのにな・・・と考えていた時、ふとYoutubeを見て、

「飼い猫や犬が家にいる家庭では、糞は誰もがトイレに流しているのか?」

という疑問が浮かび、調べてみたらこれが出てきました。

うんち

instagramとか楽天の評価を見ても、「もっと早く知りたかった」みたいなことを書かれている内容が多くみられて買ってみました。

実はまだこの袋が到着してからノラネコに糞をされていないので、糞の臭いについてはわかりませんが、生ごみで試したら臭いませんでした。驚きです。

赤ちゃんの汚れた紙おむつをこの袋に入れている人もいるようです。

袋自体にも独特なにおいがありますが、これなら車の中に数枚ストックしておいて、災害や緊急事態の時にも使えるような気がします。

もう一回り大きいMサイズを買ってストックするのもいいかもなと思います。

狭い場所には

どうしてもここに糞尿はされたくないという範囲が限定されている場合なら、定番の猫除けグッズは有効だと思います。

最近は、イガイガする猫除けシートも黒以外に明るいグレーや透明色なども販売されているのですね。調べて分かりました。

ただ、猛暑が続いたりすると、このイガイガシートは、劣化して折れたり変色したりしていきます。

我が家では、人がほとんど歩かない場所で人目が付かないところは、劣化して取り換えたりする手間も省くために、イガイガは無いけども、プラスチックラティスのフェンスをダイレクトにボンっと横倒しにしたりしています。

猫は通っても、このラティスの上は足場が狭いので、そろりそろりと歩くしかないので、トイレにはなりません。耐久性も考えると、ピンポイントで対策するならグレーチングをダイレクトに置くのも有効かもしれませんね。

木材や防草シートは注意

木材は傷むし、腐るし、逆に虫が寄ってきたりカビの原因にもなりますのでおすすめしません。

また、Instagramに投稿した防草シートも、子猫が爪でひっかいているのでまもなく穴が開くと思われます・・・。猫除け目的なら使用しない方がいいと思います

最後に

これからも、ノラネコ対策はいたちごっこ状態ですが続いていきます。

植物を育てたいとは思っても、猫の糞尿による植物の被害のことを考えると、思うような作業ができません。

飼ってもいない猫が勝手にうちの庭をトイレにしていることは、完全に許すことも受け入れることもできませんが、苦節12年目で、争う事をやめて、人間側の思考を変える羽目になるとは思いもしませんでした。

保護猫活動をされている方からみたら、私達がこの庭でしていることはどのようにうつるでしょうか。

追いかけまわして用を足さないようにするのは、かわいそうですか?

ノラネコに餌を与えることを悪いと思う事は、いけないことですか?

私は、ノラネコに餌をあげることは今後もしないし、庭がトイレになってしまうことを未然に防ぎたい気持ちは変わりません。でも、糞尿をされないように気にかけつつも、何か違った様子はないか見てはいます。

猫の額は狭いけれど、とても賢い動物です。さまざまな対策が失敗に終わり、賢さに感心しています。

厳しい環境で生きているのかもしれないけれども、たくましく、知恵をつけて生きて行ってほしいとは願っています。

 

それでは。

以上 ばむじーんでした。