新トプ画
私は私。
群れることは、必要最低限にとどめています。 雑記ブログです。
うちの子のはなし

アスリート女子高生のコロナ禍受験記

こんにちは!

ばむじーんです。

これまでちょこちょこと自宅を出て下宿生活中の長女の受験についてブログを書いてきましたが、2020年末に合格が決まりましたので受験記録をまとめ直しました。

コロナで大きく変わった上の子の進路と険しき道

もしも、コロナがなかったら

こんなことになる前は、2019年のインターハイ出場から波に乗って2020年になってすぐに地域ブロック大会で優勝したので、3月に行われる予定だった全国選抜へ向けて猛練習中・・・のはずでした。

また予定では、2020年のインターハイも予選を突破して出場を見込んで動いていましたし、その他全国大会の予選も控えておりましたので、高校3年生として部活が一区切りする時期は9月末の予定でした。

このままいけば、部活を一生懸命やって定期テストを何とか頑張って良い点数を取ることを意識しているだけで、娘の志望する職業に就けるような勉強ができる大学の学校推薦枠を利用して進学をするという計画でした。

具体的な大学名は指定せず、

「この学力と評定なら、あの大学の指定校推薦枠を利用できるかもしれない」

というザックリしたものです。

あくまで前年度の卒業生の進路先や前年度指定校推薦枠のあった大学がどこだったかという情報だけでの話し合いです。

うちの子供ばかりではなく、同じ部活に所属する3年生メンバー全員が同じ方法での進学を希望していました。

コロナで大会がすべて中止に。これがうちの子の考えを変えた

1つ、同じ部活の3年生メンバーとうちの子との違う点を挙げるとすれば、

「今やってるスポーツはどんな結果であれ大学では続けない。高校が最後」

という意志があったこと。

この意思がコロナで全ての大会が中止になったことにより思わぬ方向へ進み、私達親も悩むこととなります。

他の3年生メンバーは、大会が全部なくなっても大学でもスポーツを続けていきたいという意志は変わらなかったので、感染予防に努めながら練習に励んできました。

またちょっと言い方が悪いですが、このスポーツを続けることで「スポーツを続けることを条件に指定校推薦で行ける大学」があるので、特別な受験勉強をする必要性がありません。

※受験は必要ですし、スポーツ推薦だからと言って合格が保証されているわけではありません。2020年度からは、指定校推薦入試でも不合格となるケースが出てきました。

ところがうちの子。

9月いっぱいまで部活を続けていれば、自分の将来をじっくり考える時間がないくらい忙しかったはずなのに、集大成となるはずだったインターハイも無くなり抜け殻のようになった時期を過ぎて、自分の将来について考える時間ができました。

それで、自分の学力で挑戦できる範囲で「学びたいことが学べる大学を、自ら選んで受験したい」と言ってきました。

いくつかの大学からスポーツ推薦でのオファーも頂いたのですが、すべて断りました。

このお誘いで受験していれば、大学のレベルでいうと中堅校と言われるところに入学できたかもしれないのですが、本人が頑なに拒否しました。

夏休みに、指定校推薦のある大学のオンライン相談会などにも積極的に参加しましたが、どうも思った勉強ができる学校ではないと思ったらしく、学校推薦枠のある学校も全て受験しないと決めました。

離れていながら親子喧嘩が絶えない状態に

下宿生活
【ジュニアアスリート女子高生】下宿生活のメリットとデメリットこんにちは! ばむじーんです。 先日、コロナ禍でルール変更等があったり無観客試合ではありましたが、下の子供がとある公式試合で...

うちの子供は高校は自宅を離れて下宿先から通学していました。

親元離れて生活をしている時点で、私達夫婦は子育てを卒業したと思っています。

自らの意思で離れたのだから、親が育てるという仕事は終わったと思っています。

しかしながら、スポーツに打ち込むあまり下の子供も含めて世間知らずな面が多分にあって、特に上の子は大学受験を甘く見過ぎているのではないかと強く感じたので、指定校推薦のある大学の受験もしないと連絡してきたときはかなり揉めました。

毎日スマホ越しに喧嘩です。

大学のオンライン相談会に親子で参加して、同じ情報を共有しながらお互いの思う事をぶつけ合いました。

「親元離れて生活できているくらいで、一人前になったと思って勘違いしているのではないのか?」

とも思いました。

また正直スポーツ推薦で高校入学をさせる時、大学を一般入試で行くという選択はないし、忙しすぎて受験対策はできないものと考えていたので、その分どんな方法でも「行ける大学に拾ってもらえる」という保険がついているのならばという理由で受験を許可したのです。

それが今になって行きたい大学に自ら受験して行きたいと言い出したので、親としては

「私立高校でお金をかけて散々スポーツやっておいて、大学浪人になるのかもしれない」

という焦りといら立ちが日々大きくなってきました。

さらには、以前はセンター試験と呼ばれていた「共通テスト」も受験しないことにしてしまい、我が子が何考えてるのかますますわからなくなりました。

慌てて考え直してもすでに遅し。共通テストの願書はすでに締め切りを迎えておりました。

受験記

そもそも娘が将来なりたい職業は

高校受験編
スポーツ特待生で私立高校への受験を考えている人に読んでほしい体験談(高校受験編)こんにちは! ばむじーんです。 今回は長女の高校受験を振り返り、記事を書こうと思います。 中学3年の夏休みまでの進路希...

上の記事でもお伝えしていますが、将来は工業系の職業に就きたいという娘。

だから、本当はスポーツ漬けの生活は中学3年で終わって、高校は工業高校を受験する予定でいました。

そんな中、現在の高校の部活顧問の先生に声をかけられたことがきっかけで現在に至ります。

今こうして過去の記事を読み返すと、うちの子は15歳から18歳になって中3から高3になっただけで、進路に関するドタバタした感じは何一つ変わっていませんね・・・。

案の定、総合型選抜入試で落ちる

今年度から、「AO入試」から「総合型選抜入試」に名前が変わりました。

どういう試験なのかと問われると専門家ではないので詳しくはお答えできないのですが、ざっくり言うと

「学力の差は無関係で、行きたい大学へ行けるチャンスをものにできるかもしれない試験」です。

芸能関係のオーディションをイメージしてもいいかもしれませんね。

全ての大学が学力無関係というわけではありませんし、最低限の学力の基準が設けられていたりもします。書類審査もあります。

でも、面接やプレゼンといった自己PRタイムがあるので、うまくいけば合格できるかもしれないのです。

この方法で受験をするためにパソコンを購入して、パワーポイントが使えるように勉強する子も多くいます。

そのかわり合格者数はかなり少なめなので、募集枠は広いけど狭き門。

うちの子はこれで合格できると過信していました。バカですよねほんと。

面接は何を聞かれても大丈夫だから、「ワンチャンいけんじゃね?」と思ってたみたい。

我が家の子育ては、自転車の補助輪を外して乗れるようになるまでに擦り傷をたくさん作って乗れるようになるのと同じで、「何事もダメもとでぶつかっていく」という方針でした。

この子育ては、メンタルの弱い子はただのトラウマにしかならないという説もありますが、「人は生まれてから必ず大なり小なり困難にぶつかるんだから、自転車ぐらいでトラウマになったら、その先困難に打ち勝つなんてできるわけがない」と思って育ててきました。

とはいえ、親も不合格通知が来た時はやっぱりへこみます。本人は過信していたのでなおさらです。

今回受験した学校は、「専門職大学」と呼ばれる学校です。

大学と専門学校のいいとこどりをした学校と言われていて、4年間学んで卒業すると大卒扱いになると同時に、高度専門士とよばれる専門学校に2年通っただけでは得られない学位も取ることができます。

受験は2日間に分けらえるほどたくさんの人が受験しました。

その中から総合型選抜で合格できる人間はほんの数人。

誰にでもチャンスがある選抜方式とはいえ、2019年度よりもかなり受験者数が増えた模様。

大卒扱いにもなるし技術力も身に付いて即戦力にもなるため就職に有利ということで、高校3年生の受験生はもちろん、社会人や大学を中退して受験している人や、4年制大学を出てなお学び直そうと受験する人もいたようです。

希望大学を変更して、公募推薦入試を受けて不合格

総合型選抜入試で合格したら、ちょっと一般入試では手が届かないかもしれないような大学に入学できてしまうというメリットがあります。

入学後レベルの違いに苦労することもあるかもしれませんが、入学までの準備期間に基盤をしっかり作る時間があるのも、この受験方式の良いところでもあります。

でもそんなレベルの大学を、一般入試で再受験するとなるとそれはまた別の話です。

さすがに我が子も、一般入試で戦う自信はないとの事。

無理して学習塾にでも行かせれば望みはあるかもしれませんが、金銭的に無理です。

それに、ここに来てやっと我が子は「自分は大学受験をなめていた」と気が付いたのです・・・。

スポーツ推薦で私立高校に入学して自力で大学合格を目指すことは、スポーツの種目によって違いはあるかもしれませんが、かなりの強い意志と入学直後からの準備と対策を万全にしないと厳しいと思います。

不合格通知が来たその日のうちに学びたいことが学べる大学を片っ端から探して、なんとか公募推薦の願書提出に間に合う工業系の大学を探しました。

公募推薦方式は、指定校推薦と同じで学校からの推薦書がないと受験できません。だから、学校にできるだけ早く相談して対応して頂く必要があります。

ただし、面接無しで指定された教科での受験をすることになりますので、指定校推薦のような保証のようなものは全くありません。(面接がある学校もあります)

受験費用は交通費や宿泊費も含めてかなりかかりますが、チャンスは1回でも多い方がいい。

担任の先生よりも早く学校へ到着して、出勤したところを呼び止めて相談してすぐ推薦会議や書類の準備などの対応をしていただくことができました。

結果はまた不合格。

様々な入試方法の中で、一番募集人数が多いのがこの公募推薦入試。

うちの子が受験した大学の学科は約70人の募集で、受験者が2倍の約140人。

そこにも入れない学力であって、しかも残された道は1月下旬から始まる大学共通テストを利用しない一般入試しかありません。

この時点で、一般入試まで残り40日となっていました。

なんか様子が変

残り40日でできることを、もう過保護とか何を言われても構わないから親子で死ぬ気で努力して受験に立ち向かわなくてはいけないと思い、私は40日間の学習スケジュールを細かく書きだしたりしていました。

私立高校で下宿生活。しかもこれまでの部活にかかった費用や、不合格になった受験にかかった費用なども考えたらもう次で合格してほしい。

それに、コロナウイルス感染者数がとても多い地域での受験を繰り返しているので、受験後に学校を数日間休ませて自宅待機させたり、同じ下宿で生活している生徒にも影響が出ないように遠征中に下宿に戻って接触しないようにするとか、いろいろな気配りをするのも疲れてきました。

学習塾にはいかせられないけれど、高校の先生にしがみついてでも放課後に勉強を教えてもらいながら、過去問を解いたりしていくしかないと思いました。

そんな私の様子をよそに、なんか煮え切らない態度を見せる娘。

専門職大学に私立大学と、立て続けに不合格になったダメージはかなり大きいとは思います。

だけど、なりたい職業に就くために彼女はとにかく工業系の大学へ行きたいと決めたのだから、冷たい言い方かもしれないけれど、不合格になってくよくよしている時間はないと伝えました。

受験科目ごとに40日間でできることを細分化していくと、自宅学習時間はこのくらいで睡眠時間は削っても、部活はもうやってないからなんとかなるでしょう・・・とか話していましたが、焦る様子も闘志がみなぎるようなそぶりも無し。

「何なの?合格に向けて突っ走るだけなのに、何考えてんの?」

と問いただしたら、

「もうこれ以上大学受験をする覚悟も気力もない」

と泣き出してしまいました。

ずっと思っていた疑問

「何をいまさら」

と言ってしまいましたが、でも私自身も娘の受験に付き添っていてずっと疑問に思っていたことがありました。

「そもそも、あんたは大学で何を勉強したいの???」

と、これまで何度も娘に聞いてきましたが、やりたいとはっきり言う内容は大学では基礎的なことしか学びません。

これは自分達で資料を見て感じたことでもありますが、オンライン相談会に何校か参加して具体的な質問をすると、

「大学はそこまではやりません。質問してきた部分の大半は、専門学校で学ぶことです」と回答されることばかりでした。

「これだけ何校も同じ質問をしてきて同じような回答をもらうのだから、大学受験をせずに専門学校を受験すればいいのではないか」と何度も声をかけたのに、私は大学へ行きたいという一点張り。

大学に行きたい本当の理由

本当は専門学校が適しているとわかっていながら、大学へ行きたいと言い張る理由は私にはすぐ分かりました。

私達親は、「浪人は勘弁してほしい」とは言いましたが、「4年制大学へ必ず行ってほしい」とは言っていません。

それでも大学へ行きたいとこだわる理由は、「ただの見栄」からです。

「大卒」という肩書をもらわないと、スポーツ推薦で大学へ進学する子たちよりも劣っているように感じていたからです。

「腐っても大卒」「馬鹿でも大卒」

こんな言葉をよく耳にします。特に地方では大卒だというだけですごいと思うような風潮があります。

偏差値的には決して高いとは言えない大学でも、卒業すれば「大卒」ですよね?

そしてまた、定期テストが赤点だらけで何度も親が学校に呼び出されているような子でも、スポーツ推薦で大学へ合格しているので、問題なく卒業できたらこの子も「大卒」です。

娘いわく、

「高校生活は下宿生活に慣れないのも加えて試合成績も始めは悪くて、レギュラーからはずされたりしてつらかったし、先生にも親にも怒られるようなことをしてしまった。だけどコロナの影響が出る直前の試合まで、学校の歴史を塗り替える成績を残せるくらいがんばったし、新聞にも大きく掲載されるくらい話題にもなった。そんな私が、自分がなりたい職業になる為にスポーツ推薦で大学へ行かずに専門学校を選んだら、スポーツで成績も残していないような子が大卒になって立場が逆転するじゃない。そんなの許せない」

とのこと。

これが私の娘です・・・・・。

どう思います?

かなり歪んでますよね?

こんな風に歪んでしまったのも、私達親や敷地内同居中の夫の両親の影響を多分に受けているせいだと思います。

でも、こんな歪んだ考えを持つような育て方をした私達親にも責任はあるかもしれませんが、何が何でも大学へ行きたいという思いは娘自身の気持ちであって、そうであれば努力をするべきだし、大学へ行ってまではスポーツを続ける気はないという意志は随分前からあったのだから、十分一般受験で戦うための準備期間はあったはずです。

それを、こんな見栄と屁理屈だけでカバーできるとでも思ってんのかぁぁぁ!!!!何甘えたことを言ってんだぁぁぁぁ!!!

と、私はぶちぎれました。

ますますビーギャーと大声を出して泣く娘。

「中卒<高卒<専門・短大卒<大卒<大学院卒」??

夫と私は高卒です。

初任給は大卒と高卒では確かに埋められない差があります。

また、私は高卒で女性ということもあり、悔しい思いはこれまでたくさんしてきました。

だけど「大学を出ておけばよかった」という思いはなくて、

「大卒という肩書よりも強い「何か」がほしい」とはずっと思って生きてきました。

その「何か」は資格的なもので言えば国家資格かもしれないし、youtubeでガンガン稼いでいるような地位かもしれないし、40歳を過ぎてもそれが私にとって何なのかがいまだに見つかっていません。

自分が夢中になれることを極められるような環境に身を置くことができたら、これまで見えなかったことが見えてくるかもしれません。

そんな環境に娘には早く飛び込んでいってほしいなと思っていました。

スポーツ推薦の話を断ってまでやりたいことがあるなら、やりたいことがとことんできる場所を探しましょう。

どうしても大学へ行きたいと思う気持ちが変わらずあるなら、努力して編入すれば大学へ行く友達と同じ時期に卒業して、大卒という肩書を取得することも可能です。

とにかく、夢中になって学ぶことができる専門学校をできるだけ早く受験すること。これが最優先です。

2020年度は、専門学校を受験する人が多いらしい

娘が学校へ行っている間に、あちらこちらの専門学校へ電話してみました。

特にこのような情勢なのも影響してなのか、IT系の専門学校は例年よりも速いスピードで定員となっている場合が多く、どの学校の受験担当者の方も驚いていました。

娘はIT系ではなく機械系なのですが、ITと機械に関することが一度に学べるような専門学校はすでに11月で定員となり募集が締め切られていました。

そういえば以前不合格となった専門職大学は、娘が受けた学科よりも、メディア、IT系の学科の倍率の方が恐ろしく高かったですね。

娘が学びたいことが学べる専門学校は、正直言うとこの自宅からも通える学校もありました。毎日高速バスで通うことも可能な場所だったのですが、なんか違和感を感じて却下。

それで、あらゆる検索ワードを入力して関西の専門学校を見つけました。

娘が希望していた全てが学べる学校です。ホームページを舐めるように見て本人もここだと思ったみたい。

電話をしてみると、担当の方は「偉く遠いところから電話をかけて下さって・・・」と驚きつつも、話を聞くだけ聞いて遠すぎるから受験なんてしてこないだろうというニュアンスでいろいろ話してくるので、

「学校見学無しで、数日後の受験を希望したい」と伝えたら、さらに驚きつつも迅速に願書などの書類を発送してくださいました。

また、受験日とオープンキャンパス日が重なっていたので、受験後にオープンキャンパスへ合流できるような手配もしてくださり、さらには学生マンションの内見の仲介までしてくださいました。

受験前日に現地入り 当日は受験前に内見

とにかく日々コロナウイルス感染者が増加しているので、人混みを避けて電車を乗り継がずに飛行機移動で現地入りをしました。

GO TOトラベルキャンペーンが利用できて、地域共通クーポン券ももらうことができたのはありがたかったです。

夕方17時前の人がほとんどいない時間帯に、クーポンを使ってレストランで夕食を済ませたりしました。

受験当日は午後から受験だったので、午前中に学生マンションの内見をして仮契約を済ませました。

合否が分からないまま学生マンションを仮契約するのはこれが2回目です。

一度目は専門職大学を受験した際に仮契約をしました。

その時は、全国展開をしているボンビーガールでも放送されたことのある不動産屋さんと仮契約をしたのですが、部屋を抑えるのに手付金として30000円がまず必要でした。

不合格が分かり手付金は返金となりましたが返金まで2カ月もかかり、さらには振込手数料を引かれての返金なので2万円台の金額となって戻ってきました。

今回仮契約をした不動産屋さんは、関西を中心に自社で学生マンションを持つ会社なので、手付金も必要なくサインだけで仮契約が完了しました。

手付金が不要と聞いて私が変な驚き方をしたので理由を尋ねられてしまい、正直に話したら不動産屋さんの方が驚いていました。

娘があちこちの学校を受験して不合格になる度に、私はいろいろな知識が身についていくので、経費は掛かりますが良い経験をしてきたなとは思っています。

学生向け賃貸①
【学生向け賃貸住宅】契約体験記①「その前に」こんにちは。 ばむじーんです。 うちの長女は2021年4月より、専門学校へ通うことになりました。 なので、大学共通テス...

受験中から歓迎ムード

受験会場へは私も一緒に行きましたが、娘が受験している間私はオープンキャンパスへ参加していました。

保護者向けの説明も逃さず聞いたつもりです。パンフレットにたくさんメモをしました。

こちらの専門学校はコロナで就職難と言われている中、技術職の求人が昨年度よりも多く来ているそう。

また初任給は仕方ないとしても、大学生との就職戦線で勝ちぬくための指導を徹底しているとのこと。ここでもまた、オープンキャンパスに参加しなければ知ることができなかった情報を知ることができました。

娘は面接時に、「遠くからよく来たね。遠いのにうちの学校を受験したからには、何か特別な理由があるんでしょう?」と聞かれたそうです。

素直に動機を説明したら、「ほー。それではうちの学校へ来るしかないね」とにこやかに言われて、終了後には面接官を務めた先生と一緒にオープンキャンパスへ合流しました。

ずっとやってみたかったことが、わずかな時間でも体験できた娘はとても楽しそうでした。スタッフとしてお手伝いをしていた現役の学生さんもみんな一生懸命で、だらだらした感じが一切ありませんでした。

髪の毛の色とか外見的なことで言えば華やかな子もいましたが、就活時期にだけ黒くすればいいという割り切りも学校側にあって、授業が楽しいとみんな言っていました。

私は、オープンキャンパスのスタッフとしてお手伝いをしてくれていた学生に、片っ端から「どうして大学じゃなくてこの専門学校なの?」と質問をしていきました。

変ななまりのあるおばちゃんが来たと思ったかもしれません。

でも、みんなすぐこの専門学校に決めた理由と決めてよかった理由をセットにして回答してくれました。

留学生も何人かいて、日本語も堪能で感心しました。

専門学校なんて大学より多く存在するのだから、何もわざわざここまで遠い学校に決めなくてもいいのではないかという思いがずっとありましたが、そんな気持ちは吹っ飛びました。

かなり話し込んでしまい、帰りの飛行機に乗るために空港に到着したのが搭乗時刻ぎりぎりになってしまいました。

数日後に無事に合格通知が届く

3回目の受験にしてようやく手に入れた合格通知書。

高校の担任の先生には、専門学校を滑り止めとして受験したいと言って必要書類を準備してもらったので、合格が分かった後にきちんと自分の気持ちを先生に伝えて受験を終了することしました。

部活の顧問の先生には、むきになって大学受験をしようとしていたのを見抜かれていたので

「本当にいいのか?専門学校に決めて」

と言われてたようですが、もう娘に迷いは無いようです。

娘がここまでやってこれた一番の理由

高校側で柔軟な対応をしてくれたから

結果的に専門学校に進むこととなりましたが、もともとは工業系の大学を希望していたので、1年生時の文理選択では迷わず理系を選んでいます。

さらには、1年生時は全員必須の物理基礎ですが2年以降も娘は物理を選択しました。

ところが、普通科で理系を選択しさらには物理と数Ⅲまで選択した生徒が娘くらいしかいなかったそうで、3年時は特進科の生徒との授業にまぜてもらって勉強していました。

普通科の生徒が特進科の生徒に紛れて勉強することができるのも、柔軟な対応があってこそです。

この高校への受験を決める時に、すでに工業系への進学を考えているということを部活の顧問の先生には伝えてありました。

それより以前に、別な高校からスポーツ特待生での入学オファーを頂いた時にも、卒業後は工業系の進路を考えていると伝えたところ、そのような勉強ができる体制が学校にはないと言われたので、この学校も私立女子校だから同じ回答が返ってくると思っていたのに、「どんな進路でも全力でバックアップする」という返事をいただき、受験を決めた経緯があります。

高校受験編
スポーツ特待生で私立高校への受験を考えている人に読んでほしい体験談(高校受験編)こんにちは! ばむじーんです。 今回は長女の高校受験を振り返り、記事を書こうと思います。 中学3年の夏休みまでの進路希...

物理と数Ⅲを教えられる教師が、私立女子校にはあまりいないらしいです。

特進科のある女子校でも学校によっては教師が不在のために、大学受験をする際の受験科目が限られてしまうケースもあるそう。

単純に考えたら、工業系の大学へ始めから進学したいと思っているならスポーツ優先でもなく女子校でもない高校を選ぶのが普通だと思います。

うちの場合は稀なケースでした。

それでも、あきらめずに応えてくれた先生方には感謝しかありません。

専門学校の受験では物理や数Ⅲを必要とはしませんでしたが、入学後の授業では習う内容なので、無駄だったというわけでもありません。

スポーツ特待生で私立高校へ入学を考えている方へ

特に中学女子生徒になると思いますが、うちの子みたいにすでになりたい職業が決まっていたり、高校卒業後の進路の方向性もある程度固まっているのであれば、スポーツ特待生として受験しようとしている学校がどこまで進路のサポートをしてくれるのか、必ず確認をする事をおすすめします。

中学校の進路担当の先生は私立高校の事情などよくわかっていません。とにかく合格できればいいのでその後のことは考えていません。

中学校の先生を通さずに、直接高校へ問い合わせてみないとわからないこともたくさんあります。

高校が主催する学校説明会も、コロナの影響で中止になっていることもあるかと思いますが無いからこそ学校に聞かなければいけないと思います。

特に進路についてのサポート体制は重要です。

私自身も、たくさん質問をして初めて高校によっても体制が全く違うことを知りましたし、それを知ったうえで、娘をこの高校に安心して預けてもいいと思うことができました。

このことが3年たった今、卒業後の進路決定に活かされています。

スポーツの強豪校=進路サポートが手厚いというわけではないようです。

 

長くなりました。

今回はこのへんで。

以上 ばむじーんでした。

受験生にもメタックスローション
ファイテンのメタックスローションが受験生にもおすすめな理由こんにちは! ばむじーんです。 恐らく年内最後のブログ更新になるかと思います。 いつもご覧いただき本当にありがとうござ...